フリーエンジニアの信頼に必要な要素

フリーエンジニアの仕事は企業との交渉によって依頼を請け負う契約をすることで始まります。請負案件の場合には基本的には成果報酬であり、決められた期日までに依頼された仕事を完成させることによって報酬を受け取ることができます。

依頼をする企業にとっては、もしその仕事が完成されなかった場合には費用の負担はないものの、時間的なロスをしてしまうことになります。そのため、できるだけ期待通りの仕事を行ってくれるフリーエンジニアを選定して依頼したいと考えるものです。その背景にあるのは信頼であり、依頼を請け負う際には信頼を勝ち取ることが重要になります。

信頼を勝ち取るというのは言うは易し行うは難しであり、2つの側面からアプローチする必要があります。1つは人物としての人格的な印象であり、1つは客観的な指標です。契約を結ぶ交渉の場において信頼するに値する人間であると姿を見せることは大切であり、堂々とした姿勢は大切です。

しかし、人間が信頼できそうであっても仕事を達成するに十分なスキルを持っているかとは別の話になり、むしろそれが重要なことが多いでしょう。その役に立つものはキャリア以外にありません。資格等を有していることよりも、どれだけ経験を積んできているかというところが重要であり、それが今回の依頼を達成するのに十分たるものかと判断されるのが一般的です。フリーエンジニアとして生きていくにはキャリアの準備が不可欠なのです。
☆そのためにはどうすればいいの?という方はこちらへ「フリーエンジニア・キャリアアップの道

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>